SEIKO(セイコー)

SEIKO(セイコー)腕時計

SEIKO(セイコー)修理実績

日本初の腕時計、世界初のクオーツウオッチを製品化し、現在も時計関連で著名な企業である。オリンピックなどの世界大会などで公式スポンサー、オフィシャルタイマーとしてたびたび参加している。日本テレビ開局日の1953年(昭和28年)8月28日に前身会社である当時の精工舎が日本最初のテレビCMである正午の時報を放映させた。

戦前・戦後から後楽園球場(1937年(昭和12年) – 1987年(昭和62年))、東京ドーム(1988年(昭和63年) – )、明治神宮野球場(1980年(昭和55年) – )と球場のスポンサーになったのを日切りに、スポーツ競技場のタイマーも製作している。

創業以来継続的に、スポーツイベントに計時支援を行っている。世界的に計時支援は、共同出資の別会社に自社ブランドの看板をもたせて支援させる方式(スイス時計メーカー出資のスイスタイミング社など)が普及しているが、セイコーはグループ内の部署に支援させて技術開発も行うスタイルを維持している。

SEIKO(セイコー)は国産メーカーの中では特に人気のある時計ブランドですので当店での修理実績も豊富です。セイコーの時計修理でお困りのお客様がいらっしゃいましたら是非とも当店へご相談ください。